介護転職でおすすめしたい転職サイト

介護で転職するには

介護の仕事をしている人が転職を考える時に必ず考えるのが介護の仕事を続けるか他の業界に行くかではないでしょうか。介護の仕事をしている人は、その仕事が好きです。だけど、給料が安かったり労働環境が悪かったり、あとは体力的な問題もあり定年まで働き続けることができません。

介護は3年で介福、5年でケアマネの資格取得要件が満たせるので、ほとんどの人はそこを目安としてキャリアを考えます。しかし、資格取得しても給料も職場環境も大きく変わらず、人間関係まで辛くなるのが介護業界です。

本当に良い施設に勤められている方であれば、資格や経験年数に応じて給料もしっかり上がっていくこともありますが、自分が40歳、50歳となった時にずっとこの仕事で良いのかと不安になることもあるのではないでしょうか。

介護業界でキャリアアップを考えた場合、転職が一番のキャリアアップの機会となります。

本当に優秀な人材は枯渇気味の介護業界ですので資格や経験などスキルのある人はどんな施設からも求められます。

特に、処遇改善加算などのキャリアプランや施設の人員配置や加算の算定要件の資格所有者や職種の経験者は重宝されるので介護業界での転職がおすすめです。

転職で給料を犠牲にするのはダメ

介護で転職する理由の多くは、環境を良くしたいやりたい仕事をしたいですよね。

でも、やりたい仕事ができるなら給料が低くても良いと思ってしまいがちですが、給料を犠牲にしないでほしいです。

転職で給料の条件を下げてしまうと、しばらくしてから後悔することになりかねません。せっかくの転職の機会ですから最大限自分の希望を叶えられる転職にしましょう!

効率よく転職活動を行う方法

転職を成功させるためにはまず情報の取得と準備が大切です。そして、次に必要なのがアクション。複数の転職情報を積極的に確認して、どんどん自分から応募することが秘訣です。

働きながら転職活動を効率的にするために3段階の準備をします。

  1. オファー待ちの転職サイト活用する
  2. 介護業界専門転職サイトで良い求人を探す
  3. 転職エージェントに登録しサポートを頼る

スカウトオファーを待つ

最初に登録するだけで、自分の経歴や資格を求める会社からオファーが来るようになります。リクナビNEXTは定番の転職サイトですので登録されている企業も非常に多く色々な業種の幅広い仕事を探すことができるのが特徴です。

資格やスキルがあれば面接確約や良い条件でのスカウトが届きやすくなります。私の場合でも2週間に1社以上はスカウトが届いています。介護業界からIT関係まで幅広い会社からのスカウトが魅力です。企業側も使っているところが多いので定番は登録しておくのがおすすめです。

リクナビNEXT
5

就職・転職の定番リクナビNEXT
介護業界からIT関係まで幅広い会社からのスカウトが魅力です。

介護業界専門の転職サイト

介護業界の仕事を専門に扱う転職サイトです。登録社数の多いサイトですので、希望する条件を出している会社に出会い易いのが特徴です。希望する事業の職種を探すことができるので専門転職サイトで良い求人を日々チェックしていきましょう。

効率的に転職活動をするならリクナビNEXTでオファーを待ちつつ、メインは介護業界専門転職サイト自ら求人を探し応募していくというスタイルがベストです。

カイゴジョブ
5

スマイル SUPPORT 介護
4

転職エージェントにサポートを求める

転職活動に行き詰まっている場合や、強気で転職活動を行いたい場合は転職サポートの活用を強くお勧めします。

転職活動をしているけどなかなか転職先が決まらないという状況が長く続くといつの間にか気持ちが追い込まれてしまいます。そして追い込まれた状態で転職活動をすると焦りがあるので最初に志した条件から外れてしまい妥協した結果マイナスになってしまいます。

自分ひとりで探しているよりも良い会社の情報を見ることができるだけでなく実際の転職活動のサポートとしても有効な手段となります。介護の仕事に対して理解があるエージェントに出会えると良い結果に繋がりやすいです。

介護JJ
5


介護JJ

介護JJ

2ヶ月以内に転職を考えている人におすすめ!

介護JJを運営している株式会社カスタマは、医療介護業界で10年以上人材紹介を行ってきた会社なので十分な実績があります。

特に、20~40代の女性の介護転職に力を発揮します。

資格(初任者研修以上)を持っている人は自分の可能性が広がるのでおすすめします。

クリックジョブ介護
4

厚労省許認可の介護職のための転職サポートサービス
求人サイトには載っていない職場の雰囲気や情報を教えて貰える。

これらのエージェント活用すると転職支援金などの特別なボーナスが付いてくることがあります。

実は、転職エージェントの利用は企業にとって高額なコストがかかるものです。

ですが、ここに登録している企業は、高いお金を払ってでも良い人材を採用したいと考えています。

企業はここで採用した人がその企業や施設の中心人物となることを期待しているので給料や勤務条件などで交渉できる可能性もあるのが最大のメリットです。

ただし、わたしの経験上必ず守ってほしいことが一つ。

応募するのは担当者からの積極的なオファーではなく自分で選んだ企業にすること。転職は営業を受けるものではないので自分の意思で自分主導で行うことが大切。

そのためにも、エージェント担当者には自分で見つけた企業に入社できるようにサポートをしてもらえるようにすることが大切です。