CATEGORY

マニュアル

  • 2019年10月20日
  • 2019年10月20日

介護の最低賃金改定【令和元年決定版】-デイサービスも時給の改定が必要

最低賃金が今年もまた上がりました。働く人にとってはありがたいけど、会社の経営にとっては辛い毎年の上昇改定。 今年は、東京と神奈川で遂に最低賃金が1,000円を超えました。 地域別最低賃金の新旧比較 令和元年10月となり、各都道府県で最低賃金の改定が確定しています。改定額は厚生労働省最低賃金サイトをもとに令和元年の最低賃金改定状況(確定版令和元年10月20日編集)を紹介いたします。   対応がまだのところは10月給与分を再確認をしましょう。 地域別最低賃金一覧(令和元年最低賃金決定版) 都道府県名 新(答申額※) 旧(2018年10月版) 新-旧差 北海道 861 835 26 青森 790 762 28 岩手 790 762 28 宮城 824 798 26 秋田 790 762 28 山形 790 763 27 福島 798 772 26 茨城 849 822 27 栃木 853 826 27 群馬 835 809 26 埼玉 926 898 28 千葉 923 895 28 東京 1013 985 28 神奈川 1011 983 28 新潟 830 803 27 富山 8 […]

  • 2019年10月14日
  • 2019年10月14日

介護職員がインフルエンザに感染してしまったときの対応の正解とは

毎年10月頃になるとインフルエンザの予防接種が始まります。最近では9月頃から流行が始まる地域もあり介護施設においても対応を検討しておく必要があります。 ここでは、デイサービスの職員さんがインフルエンザに感染したことを想定した対応方法をお伝えします。あわせてデイサービスに勤める職員としてもインフルエンザに感染したときはどうすれば良いのか参考知識として知って頂けたらと思います。 学校と会社のルールの違い 主に幼稚園から高校まで、在学中にインフルエンザに感染すると一週間ぐらい休むように言われますよね。これは学校保健安全法というものに基づいたものです。子供が集団生活を行う学校でインフルエンザ感染が起こると、子供だけでなく家族を通じて地域にまで広がってしまう恐れがあることから出席停止や学級閉鎖及び学校閉鎖の措置が取れるようになっています。 しかし、学校以外にはそのような法や規定はありませんので、インフルエンザに感染してしまったときにどうすれば良いのかわからなくなってしまう職員さんもたくさん居るようです。 デイサービスに勤める職員さんには、小学生から高校までの子供を持つ方も多く居るのでどうしても学 […]

  • 2019年9月16日
  • 2019年9月16日

個別機能訓練加算ⅱの算定要件と運用の注意点

個別機能訓練加算ⅱの算定をしているデイサービスはたくさんありますが、実地指導で加算の算定要件を満たしていないと判断されることを恐れている事業者さんも多いのではないでしょうか。 ここでは、個別機能訓練加算ⅱの算定を誰でもできるように、要件と算定の注意点について紹介していきます。 個別機能訓練加算ⅱの算定で最も大切なこと いま、個別機能訓練加算ⅱの算定において最も重要なのは、担当者が算定要件を熟読してマスターしたうえで計画書の作成とプログラムに落とし込むことです。 現行の個別機能訓練加算ⅱは、平成27年度介護報酬改定で決まった算定要件が適用されています。 平成27年度の介護報酬改定は時間単位と単位数の変更の他、機能訓練加算に『3か月訪問』が追加されたことでデイサービス事業者に著しい混乱と負担をもたらしました。 さらに、個別機能訓練加算ⅱの算定を細かくチェックする保険者が増え、事業者としても注意が必要なのは理解しているけれど、職員さんの業務と知識が追いつかない状態で進めた結果、実地指導で改善事項として指摘されることも増えています。 個別機能訓練加算ⅱを理解し、管理者さん、生活相談員さん、機能 […]

  • 2019年7月25日
  • 2019年7月25日

デイサービスの経営は管理者の責任?

介護保険事業は介護保険による報酬で事業が成り立っているため、全て法令に定められた基準や要件を守り運営していく必要があります。 デイサービスでは、運営だけでなく、経営も管理者に任されていることが多いため、経営のポイントまで理解しておく事が大切です。 デイサービス経営について 現在、デイサービスは大きな転換期を迎えています。 通所介護、地域密着型通所介護、総合事業など介護予防を含め、一つの事業所が提供するサービスの種類が増えただけでなく、他の市区町村と基準が違うサービスも出てきました。 経営者さんだけではなく、施設の管理者さんや生活相談員さんも、経営と運営の両方の意識を持って運営していくことが大切です。 デイサービスを経営するにあたり必要なポイントは、次の3つです。 経営感覚 (ヒト・モノ・カネ) 法令遵守 サービス 経営感覚について カネの計算ができなければ事業そのものの継続が難しくなります。 ここでの『お金』は、利用料だけではありません。 施設を運営するための『お金』です。 お店や施設を経営する為には”人・物・金”の全てにおいて重要となります。 介護は、サービス […]

  • 2019年7月23日
  • 2019年7月25日

デイサービスで研修をする方法

デイサービスでは、ほとんどの場合、提供時間以外の限られた時間の中で研修が行われています。 そんな中で研修の実施率や継続性を上げるためには、研修の準備や記録類の作成時間を短縮できる仕組みや工夫が必要となります。 ここでは、デイサービスの研修を継続的に行えるようにするポイントを紹介します。 研修を失敗させないために デイサービスには様々な利用者が居るため、全てが同じ方法で対応できるわけではありません。 研修を行うことによって、基本的な対応方法を学ぶことが必要ですが、その上で個人の努力や工夫も重要となります。 そのためにも職員が自らの意思で学ぶ姿勢を持つことができるように事業者もサポートしていく必要があります。 職員のレベルや状況に応じて適切な研修の形式をもって継続的に研修を行えるようにしていくことでどのような職員でも業務レベルが向上できるようになるはずです。 いつまでたっても能力が上がらない職員がいる場合、これらのうち、どこかが欠けていることが考えられますので一度見直しましょう。 職員研修においては職員のレベルや状況の応じて適切な研修の形式を選択する必要があります。 どのような職員でも一定 […]

  • 2019年7月21日
  • 2019年10月20日

運転が怖い?デイサービスの送迎が上達する方法

デイサービスの職員として介護施設で働き出すと、必ず必要になるのが送迎業務です。 わたしは、様々な施設で採用に関わりましたが、応募者に送迎が必須であることを確認すると「自信がない」と答える方がたくさんいました。 自宅では車に乗るけど、デイサービスの送迎での運転は怖い。 デイサービスの送迎については、おすすめのデイサービスの研修の一つです。 運転のコツなども踏まえて、少しでも不安を解消できるヒントをお伝えできればと思います。 デイサービスの送迎の役割 まず、デイサービスの送迎とはどのようなものでしょうか。 デイサービスには、自宅から施設まで自力で通うことができない利用者さんがたくさんいます。 それらの利用者さんを自宅まで迎えに行き、施設まで送り届けるのが送迎です。 送迎の手段は主に自動車ですが、『絶対に自動車で迎えに行かなければならないという訳ではありません。』 利用者さんの自宅が近所の場合や、車では通れない場所にある場合は車椅子などで送迎に向かうこともあります。 しかし、自動車での送迎があることによって、利用者さんは広範囲のエリアの施設の中から自分が通いたい施設を探すことができています。 […]

  • 2019年7月15日
  • 2019年9月17日

【端数が重要】介護報酬の計算方法について

たまに必要になる介護報酬や自己負担分の計算。 迷ったことはありませんか? ほとんどはソフトがやってくれますが、誰かに説明するときや試算資料を作るときに計算方法がわからなくなってしまうことってよくあることです。 迷ってしまうポイントは、『端数』の処理です。 ここでは、介護報酬の独特な計算方法と、エクセルで資料を作りたい時のための数式を書いたテンプレートを用意しましたので、参考にしてもらえたらと思います。 通所介護の料金の計算方法を覚えましょう ここでは、介護で必要な計算の知識は主に介護報酬の金額と利用者自己負担分の計算について理解を深めましょう。 計算そのものはとても簡単な構造なので、殆どの人がすぐに覚えることができます。 例えば、利用者さんから「1ヶ月の利用料金はどれぐらいになりますか??」と質問されたとき、このような経験はありませんか? 利用者Aの家族 あなたのデイサービスを週2回ペースで1ヶ月で利用したらどれぐらいの料金になりますか? 相談員A 介護度は◯◯なので、単位数は●●●になります。 試算してみますと…   相談員Aの頭の中 ●●●×8回(週2回*4) […]

  • 2019年6月19日
  • 2019年8月23日

処遇改善加算の実績報告書はこう作る

冒頭は、介護職員処遇改善加算について記載しています。実績作成だけを知りたい方は実績作成前に覚悟しておくこと以降をご覧ください。 介護職員処遇改善加算とは そもそも介護職員処遇改善加算(以下、処遇改善加算)とはなんでしょうか。 処遇改善加算は、平成23年度までの『介護職員処遇改善交付金』に変わるものとして平成24年度から実施が始まったものです。 介護職員の給与が安いという社会の声に答えて国が介護職員の給与の原資の一部を事業者に補填することで介護職員の給与を改善することが目的に作られた加算制度で、要は、『国が税金を元に介護事業者に対して介護報酬を少し多く払うから、その分を全部介護職員に給与として支給してね!』というものです。 介護職員の給与改善を目的としているため、毎年のように加算の区分や、加算率などのルールが見直され、今日に至ります。 処遇改善加算の年度の流れ 処遇改善加算は、とても面倒なことに、1年度ごとに加算の申請が必要な加算です。不便なことに、継続という概念がなく、年度ごとに新しく加算の申請しなければなりません。 処遇改善加算の期間は元号年度と決まっていて、開始は4月、終了は翌年3 […]

  • 2019年5月1日
  • 2019年9月29日

介護の働き方改革で離職しない職場作りをしよう

働き方改革が始まりました。 労働者の労働時間や休暇について規制することで、労働者の心身の健康を維持し、過労死やうつ病を無くそうというものです。 新たに有給休暇の取得や残業規制のルールができました。 では、働き方改革の本質はどのようなものなのでしょうか。 ※この記事は、4月18日に一部内容を最新の情報に更新しています。 働き方改革の本当の目的   流星 働き方改革が始まりましたね。あなたの会社ではどうなりましたか? 職員A 働き方改革が始まったせいで、会社から残業禁止を言い渡されて困ってるんです。 もちろん、わたしも早く帰りたいのですが、みんなが定時に帰ってしまうとその日の仕事が終わりません。しかも有給休暇まで取得しないといけないなんて、そんな人ばかりいると事業所が運営できなくなってしまいますよ…。 流星 介護サービスの事業所はどこも人手不足の状況ですね。書類などの作成に時間がかかるものも多くて、利用者さんが居る間はできないから提供時間外に記録類の作成をしている人はたくさんいますね。作業ができる時間帯が限られているからどうしても残業するしかなくなっているんですね。 […]

  • 2019年4月1日
  • 2019年7月25日

介護サービスの元号対策は意外と単純

介護サービスが新元号への変更に合わせて対応しなければならないことはたくさんあります。5月1日までに、介護サービスの計画書や契約書など、各種書類をどのようにすればいいのか不安だと思いますが、対応方法を知っていればしっかりと準備することができますので早めに取り組みましょう。 介護サービスの新元号対策方法 まず、行政の慣例では、主に和暦が使われています。介護サービスも行政のルールに基づいて提供するものなので、基本的には元号を使用します。新元号が令和と決まったいま、介護サービスで取り扱う書類の元号の扱いをどうしたらいいのか、抑えるべきポイントを紹介します。 新元号対応、4つの重要ポイント 改元前(4月30日)までに配布されるものは平成のままでいい 改元前からの書類は、新元号に修正して再契約する必要はありません 改元日(5月1日)以降に有効になるもので、新元号発表後に作成されたものは、新元号の令和を記載する 書類の作成日が5月1日以前で、契約日が改元後の場合、作成日は平成のままでいい 難しいことが嫌な場合は、これを機に西暦表示で統一しても良いかもしれません。 ただし、保険者への提出書類の場合は、 […]

>適正運営のアドバイスします

適正運営のアドバイスします

デイサービスを運営している皆さま、実地指導対策はできていますか?
適正な運営ができていなければ、せっかく積み上げてきた施設の実績が失われるだけでなく、営業停止になってしまう恐れも。

職員さんは勿論、利用者さんの行き場を無くさないようにするためにも、困ったことがあればご相談ください。

CTR IMG