介護から転職するなら他力本願がベストな理由

(※この記事は2020年1月5日に更新しました)

介護から転職したい人に最適な計画

転職
転職したいと思ったらまず今の自分を振り返りましょう。

いま、介護から転職したい人がたくさんいます。

理由は職場環境、人間関係、収入など様々ですが、最近は人間関係が大きな原因となっていることが多いようです。

転職するなら他社の採用試験に応募することになります。

しかし、「人間関係が退職の理由です」とはなかなか言えませんよね。

人間関係の問題の中身は様々ですが、他社の面接で素直にそのことを伝えてしまうと「あなたにも原因があるのでは?」と思われないか不安になります。

転職活動において、書類選考を通過したあとの面接は対面でお互いを知る場ですが、求職者からすればやはり企業側から採用の判定を貰わなければならない立場なので全てを素直に伝えることは難しいはずです。

「面接ではこう言ったけど、実は○○と思ってました」

などと本心を話せるのは入社後しばらくしてからになります。

自分の本心を含ませながら、希望に近い転職を実現させるためには計画性を持って転職活動を行う必要がありますので、協力者が居た方が良いとわたしは考えます。

転職エージェントの存在について

転職活動における協力者の代表は転職エージェントです。

転職エージェントには、企業側が望む人材を登録会員の中から見つけて企業への応募を促し、面接などの採用試験を通して企業側に人材を紹介する役割があります。

そうすることで、即戦力になりやすい人材を企業とマッチングさせるができます。

ほとんどの転職エージェントは、応募側である私たちの利用料金は不要となっていて、その代わりに企業側から仲介料や紹介料などとして採用者の年収に応じた手数料を受け取る仕組みになっています。

利用する側の私たちは、転職エージェントにも得意な業界や分野があることを知っておかなければなりません。

ITやweb業界に強いエージェント会社、営業系に強いエージェント会社、管理部門に強いエージェント会社など様々です。

たくさんあるエージェント会社の中から、自分が進みたい分野を得意とするエージェント会社に登録することが基本となります。

転職エージェントの選び方

転職エージェントにはそれぞれ得意とする分野があると言いましたが、どのように選べば良いかわからないこともあるのではないでしょうか。

そのような場合は最初に、リクナビNEXT会員登録などのような総合転職サイトに会員登録します。

会員登録後にキャリアシートなどを記入してしばらくすると、転職エージェントの方から「面談しませんか?」などと連絡が来るようになります。

その際に、紹介できる求人の一例として、その転職エージェントが持つ求人の中からあなたに合いそうな求人を提示してくれますので気になる求人を持つエージェントに対して面談をするとエージェントが持つ求人情報を閲覧し応募することができるようになります。

転職エージェントの種類

一般的な転職エージェントには、次のようなものがあります。

代表として、ITやwebに強いレバテックキャリア、若手やフリーターからの転職に強いキャリアスータト、コンサル転職を得意とするアクシスコンサルティングの3社を例としてあげています。

それぞれ、独自の得意分野を持つエージェントなので、介護から異業種へ転職を考えている場合は登録をおすすめします。

IT・webに強い
若手の転職に強い
コンサル転職に強い

介護から介護に転職する時にも転職エージェントを使うことはベストな選択の一つです。

介護事業を行うには法人格が必要なこともあり、個人企業から大企業までたくさんの会社があります。

中には、雇用や労働に無頓着な企業やルールを守っていない会社もあるのが実情です。

介護事業をする複数の会社での勤務経験を持っている方は、もしかしたら過去にそのような会社に勤めた経験を持っているかもしれません。

そのような会社への転職を回避することができるのも転職エージェントを利用することの強みです。

転職エージェントは、紹介する求人に責任を持っていますので事前調査や採用後のアフターケアも備えていることが特徴です。

もし、採用後に条件が違う場合や何か企業側に問題がある場合には適切な対処をしてくれます。

求人件数が多い
面接で交通費支給
介護士求人が多い
働きながら資格も取れる
かいご畑
高給与+転職支援金
リッチマン介護

リッチマン介護
転職支援金最大20万円
介護JJ

介護JJ

介護業界は今、人材難です。

日本人だけでなく、外国人も採用が増えています。

しかし、長期に渡って働くことができ、キャリアを形成しながら今後の事業を担う人材というのはそう多くはありません。

離職率が高い仕事なので、企業もエージェントもマッチングに対してかなり力を入れています。

転職エージェント利用のメリット

転職エージェントを利用することのメリットをまとめました。

介護から転職する人が失敗しないためにも転職エージェントの利用をおすすめします。

介護から介護への転職を希望する時には、今よりも良い環境や条件を手に入れるための近道にもなります。

このページで紹介した介護転職エージェントは、介護専門の転職サポートを実施していて、求人を探すサイトも使いやすいです。

登録先を選ぶ条件を幾つか紹介しておきます。

  1. 転職支援金等を貰える
  2. 非公開求人が多い
  3. 地域密着的にエリアを指定している

介護の転職を考えた時に、積極的にサポートを受けることは転職を成功させるための近道です。

登録によるメリットをいくつか紹介します。

メリット1:非公開の好条件求人が多い

年収を上げたい場合には、最大のメリットです。ハローワークや求人誌やサイトに掲載されていないような特別案件があります。それは、募集をしている企業が、資金を使ってでも良い人材を採用したいと積極的に考えているためです。

好条件の求人は、資格や経験など、求められる条件のハードルが上がっていることもあります。しかし、介護の場合は、介護施設等で勤務経験があり、介護福祉士等の資格を持っている人であれば普通にクリアできることが多いです。

メリット2:事前調査済みです

求職者には会社から担当を付けてもらうことができます。

担当者は、扱う求人掲載会社や施設について予め調査をしていて運営状況や、仕事内容、勤務環境、職場環境など事前に適切なアドバイスをしてくれます。

これは、転職者にとって心強い部分です。

その結果、転職後のミスマッチリスクが大きく減ります。これは転職者側だけでなく、採用側の企業としてもとてもメリットが有ることなので、お互いに力を入れていることが多いです。

メリット3:応募先を自分で選べます

紹介を待っているだけではありません。運用する求人サイトの中から紹介をしてもらいたい求人を自分で探して選ぶことができます。

好条件の求人は競争になってしまうことは多々ありますが、求職者側としても積極的に良い求人を探してどんどん応募していくことが転職で成功させるために必要なことでもあります。

メリット4:面接等のサポートもあります

自分一人での就職活動では、応募から採用に至るまで自分一人で進みますが、担当者が居ると、親身になってその都度アドバイスをくれます。

担当者によっては、履歴書の書き方や、職務経歴書の書き方だけでなく、面接のサポートなども積極的に行っているところもあるので是非活用しましょう。

また、応募にあたっても、事前事後ともに企業側の採用担当者と連絡を取り、応募者について案内してくれるので1回きりの面接よりも応募者の魅力が伝わるかもしれませんので面接が苦手な方にとってはとても貴重です。

まずは担当者に魅力を感じてもらえるようにできれば、チャンスは広がりますね。

メリット5:転職準備金等を貰えることがある

入社準備金や転職祝い金、転職支援金などという名目で、採用が決まった求職者に対して10万円〜20万円を支給してくれるところがあります。

転職活動の場合、先に仕事を辞めていることもありますので10万円〜20万円も貰えるとなれば、とても嬉しいので有効に活用しましょう。

メリット6:登録は無料

登録する場合、ほとんどの場合が無料です。複数の会社に登録してもお金がかかるものではないので損することはありません。

転職に失敗しない術とは

転職のミスマッチ
転職をしたあとにミスマッチとならないように事前準備をする必要があります。

介護から転職して失敗になる最大の理由は、ひとりで転職活動をしたことです。

介護は人材不足なので求人は1年を通して無数にあり、その中から自分に合った会社を見つけることは簡単なことではありません。

また、求人誌等で見た募集要項に記載されている内容や、面接で聞いた内容を踏まえて入社したものの、実際に働いてみると「聞いていた話と違うじゃないか」と、入社してすぐに退職してしまうミスマッチも問題です。

求人の募集要項と入社面接だけでは応募者がその会社の情報をすべて得ることはできません。

就業後すぐの退職は、企業側も職員側も失うものが大きいので重要な問題となっていますが、このようなミスマッチを無くしつつ、求職者が自分が求める条件を勝ち取れるようにするには転職者が応募する会社を深く知る術を持つことが必要です。

わたしは、企業で職員の採用なども担当したことがあり、さらに転職エージェントを使った経験もありますが、個人の意見としては、介護の仕事をしている人が転職を考えるなら、まずは介護専門の転職サイトと、幅広い業種の仕事が掲載されている転職サイトなど2つ以上の転職サイトやエージェントに登録をお勧めします。

転職活動の第一歩
↓↓↓

転職活動の方法

中途採用の転職活動は、高校生や大学生の就活とは大きく違いがあります。

新卒の場合は、キャリアがない状態なので履歴書を参考にとりあえずは面接に進めるので、いろんな会社に行ける可能性があります。

しかし、中途採用の場合は数社経験して培ったスキルや資格、実績などを職務経歴書という形で考慮されます。

したがって、企業が求めるレベルに達していない応募者は書類選考の時点で容赦なく落とされます。

中途採用の転職活動を成功させる為には、転職エージェントに登録することでエージェント担当者と会話し履歴書や職務経歴書のチェックをして貰うと良いでしょう。

個人的な経験から言うと、一人で転職活動をしていると見ることができない可能性を転職エージェントの担当者と話すことで発見できました。

私の場合は、経営企画やwebマーケティングといった仕事で転職を考えたのでエージェントを利用しましたが、自分では応募することができないと思っていた有名な企業からスカウトが届いたりして驚いたことがあります。

転職エージェント利用と独自採用の違い

転職エージェントを使って採用活動を行う企業というのは、採用人数と採用にかける予算が年間計画で決まっているしっかりした企業が多いのが特徴です。

そして、それこそが転職活動にとって重要なポイントであり成功と失敗を分けるポイントです。

ギリギリ採用の会社

人材不足に悩む会社のほとんどは、人が不足してからのその場しのぎの採用活動をしています。

しかし、急募とはいえ特に好条件で求人を出すわけでもないので、思うように応募者を確保することができないものです。

採用が遅れると紹介予定派遣などを使ってその場しのぎの採用を行いますが、環境が悪くてすぐに退職することが多く、悪いループに陥ります。

このように、無計画な採用活動は結果的に無駄金になることが多いんです。

転職エージェントを使う会社

あなたの会社には年間を通した採用計画というものはありますか?

転職エージェントを使う企業は、数年後を見越して組まれた年間予算に合わせて採用をしているので、わりと高額なお金を掛けて良い人材を募集し、採用人数に達するまで募集活動を行います。

予算を考慮して計画的に将来を見越した事業展開と、そのために必要な人員計画があるからこそできることです。

採用活動を行うためには各種規則、人事考課や給料制度などの人事の仕組みや事業の計画性、ビジョンが無ければできないといっても過言ではないと思います。

お金を掛けて、良い人材を探している企業には経営ビジョンや年間計画といったものがしっかり存在しているので、会社を選ぶときにも大きな参考になります。

計画が無い企業と比べると入社後の満足度はかなり高くなるに決まっていますよね。

中小と大手の差、または計画性のある会社と無い会社では、こういった企業の根幹部分に差が出ることも重要なポイントです。

介護から介護に転職するなら

介護の仕事
同じ介護の仕事だけど別の会社へ転職したいときの注意点とは。

介護の職場には、若い人たちだけでなく様々な人生経験をした中年の人もたくさん居るので、自分の将来性に明るいイメージを持ちにくい部分があります。

では、他の転職者たちがどういったところが介護に転職して失敗と感じたのかを整理してみましょう。

  1. 休憩時間が無い
  2. シフトの休日がない
  3. 毎日残業がある
  4. 夜勤が増えた
  5. 人間関係が悪い
  6. いままで休みだった土日祝日が突然営業日になった
  7. 手当が無くなった
  8. 営業時間が延長された

実際に、このような経験がある人はたくさんいるのではないでしょうか。

介護の仕事で転職先を探す場合、事業所を運営する会社の規模や、その実態などについて知っておく必要があります。

転職先の会社が企業としてまともな労使管理ができていない場合、失敗したと感じることが多くなります。

介護を提供する会社の多くは中小企業で、労使管理には無頓着なことがあり、例えば、売上を伸ばすために営業日数や時間を増やしても、労働条件を見直さないという会社もあります。

介護への転職で絶対に失敗を避けたい場合は、介護業界の転職を専門に扱う転職エージェントに登録してサポートを受けながら質の良い求人を見ることが必要です。

この方法であれば、いまの職場で働きながらでも新たな職場を探すことができるので、登録することによるデメリットもなく良い条件で働ける会社を探すチャンスが広がります。