【適正運営】デイサービスの運営基準はここに注意

通所介護の運営


介護保険事業は介護保険による報酬で事業が成り立っているため、全て法令に定められた基準や要件を守り運営していく必要があります。

ここでは主に、通所介護の運営に必要な基準を紹介していきます。

<通所介護運営に必要な基準>

  1. 設備に関する基準
  2. 人員基準
  3. 運営基準

設備に関する基準

通所介護事業を始めるにあたり、指定を受ける為に必要な基準です。
基準を一つでも満たすことができていなければ、指定を受けることはできません。

<主な基準>

  1. 食堂及び機能訓練室の面積(利用定員1人あたり3平方メートルの確保)
  2. 静養室の確保(スペース及びベッドの台数など)
  3. 相談室の確保(遮蔽物の設置など)
  4. 事務室の確保(書類や備品を管理できる場所の確保)
  5. トイレ(台数、シャワーの有無など)
  6. 浴室、脱衣室(形態及び手すりなどの安全面配慮)
  7. 室内の動線確保及び手すり、段差解消などによる安全面確保

人員基準

通所介護サービスを提供するにあたり、施設は適切な人員配置を行わなければなりません。

人員の基準は、施設運営のために必要な配置だけでなく、サービスを行う時間帯に定められた職種が確保されているかがポイントとなります。

また、人員基準は施設の定員によって異なることに注意が必要です。

<主な配置基準>

  1. 管理者 (常勤1名)
  2. 生活相談員 (提供時間を通して1名以上)
  3. 看護職員 (定員11名以上の場合1名以上)
  4. 機能訓練指導員 (1名以上)
  5. 介護職員 (提供時間に応じた配置が必要)

※定員10名以下の場合は介護職員か看護職員のいずれか1名が必要。

※生活相談員または介護職員のうち1名は常勤であることが必要。

介護保険の人員基準では、”常勤”または”非常勤”の考え方が存在しており、人員基準や加算の算定要件においても影響があるので注意が必要です。

最近では、人材の確保が難しくなってきており、職員が不足する中で人員基準違反となっている事業所も見かけることがありますので人員の確保は計画的に行うことが大切です。

運営基準

運営に関する基準も省令などにより定められています。

こちらも違反すると、運営基準違反となり、罰則などが適用されます。

<主な基準>

  1. 運営規定の整備
  2. サービス提供内容の説明・同意について
  3. サービス提供の拒否について
  4. 通所介護計画の作成
  5. サービス提供の記録
  6. 衛生管理
  7. 緊急時の対応
  8. 秘密保持について
  9. 苦情、事故発生時の対応について
  10. 会計について

運営基準は施設がサービスを提供するにあたり、利用者に対してしっかりと説明し、同意を得ているかがポイントとなります。職員一人一人が自らの業務を理解し、責任を持って取り組んでいれば自然にできていることではありますが、人員不足による業務の多忙さや認識不足により疎かにされる傾向がある部分です。

そのため、実地指導に運営基準違反による罰則を受ける事業所も一定数あり、都道府県市区町村から厳しい指導対象となりやすい部分です。

まとめ


通所介護の運営に関する基準は、業務を行う担当者がルールを理解し、責任を持って職務を果たしていれば何の問題もなく満たすことができるものばかりです。しかし、最近は職員の確保が困難となってきた影響で業務に歪みが出てくることが多いのも確かです。人員不足は業務の抜け落ちや、基準違反を招くことが多いので経営上の課題として時間的に余裕を持った人材確保の仕組みが必要となってきています。

最新情報をチェックしよう!
>適正運営のアドバイスします

適正運営のアドバイスします

デイサービスを運営している皆さま、実地指導対策はできていますか?
適正な運営ができていなければ、せっかく積み上げてきた施設の実績が失われるだけでなく、営業停止になってしまう恐れも。

職員さんは勿論、利用者さんの行き場を無くさないようにするためにも、困ったことがあればご相談ください。

CTR IMG