介護は資格がキャリアを決める

介護の仕事は資格や経験が無くてもできます。しかし、良い条件で働いたり、職種を選べるようになるためには資格が必要になります。最近では、資格を持った職員の重要性が高まっているので会社が受講料を支援することもあります。実は、介護業界でのキャリアアップは資格の有無がポイントです。ここでは、介護業界で目指すべき資格を紹介します。

介護の仕事に必要な資格

介護の資格勉強をしている画像

介護業界で仕事をする場合、資格の有無は重要なポイントです。
資格があれば、職種の選択肢が増え、給与ラインが高い職種を選択することができますが、無資格であれば介護職員以外の選択肢がありません。

求人の募集要項には、無資格未経験でも入社可能と書かれていますが、複数の応募者が居た場合、ほとんどの場合、資格がある人が優先的に採用されています。
それは、どのサービスでも、介護事業所を運営するにあたり、人員基準によって資格保有者が必要な枠があるためです。

介護の仕事を始めたい、もしくは、無資格で働き始めてしばらく経ち、介護職員からステップアップしたいと考えている方は是非資格を取ってください。

すぐに取るべき介護の資格

無資格で介護の仕事を始めたとしても、いずれ資格が必要になってきます。
それは、ほとんどの介護事業者が、人事考課に資格の項目を入れているためです。
資格を持っていない人でも、取得すればキャリアアップに繋がりますので、無資格の時よりも高い評価を得ることができます。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護のキャリアアップの第一歩です。
以前は、ホームヘルパー2級でしたが、今は介護職員初任者研修という名称になっています。
この資格の取得を目指す人は、介護の資格を持っていない介護職員さんや、自宅で家族などの介護をしている方です。

この資格は、スクールの講座で指定の授業を受けることで、誰でも短期間で確実に取得することができます。
講座では、実技を含め、知識面と技術面ともに基礎部分を学ぶことができます。

通信制もありますが、資格取得にあたり、スクーリングは必ず含まれているので何度かはスクールに行く必要があります。

運営するスクールによって講座の料金に差があります。
スクーリングのことを考えると、近くて便利なスクールがおすすめです。
ですが、経済的なことを考えると、資料請求をして選ばなければ無駄なところにお金を使うことになってしまいます。

参考として、講座の料金の目安は次の通りです。
これは、今まで私が見てきた職員さんが資格取得をするために外部スクールの講座を受講した時の料金データを基準にしています。

料金比較の目安

  • 6万円以上→高い
  • 4万円〜5万円→普通
  • 2万円〜3万円→安い

稀に、1万円台の講座を開催しているスクールがあります。
条件があったり、多少不便があるかもしれませんが、受講修了すれば同じなので、見つけることができればラッキーです。

初任者研修の取得費用比較はコチラ
↓↓↓
介護の資格取得ができるスクールを探すリンク

実務者研修

実務者研修は、介護の実務を想定した実践的な知識と技術を得るための講座です。
実務者研修は、介護福祉士を取得するときに必須なものになりました。
この資格の取得を目指す人は、キャリアアップをしたい介護職員、介護福祉士を目指す人が中心です。

実務者研修を修了することによって、訪問介護事業所でサービス責任者(サ責)に就くことができるようになります。
一般的に、介護職員よりも給料ベースが1万円程度高くなります。

この資格は、無資格の状態から取得することができますが、持っている資格に応じて必要となる授業数が変わります。
そのため、修了までの期間と料金に大きな差があります。

例えば、無資格の場合、450時間のカリキュラムの受講が必要です。
これをスクールのスケジュールに合わせると取得にかかる時間は約6ヶ月となります。
受講期間に伴い、料金も変動するため、無資格の場合は13万円程度が取得までにかかる費用となります。

スクールによって料金が大きく変わる資格ですので、資料請求は必須です。
しっかりと資料を確認し、適切な料金で募集しているスクールを選ぶようにしてください。

料金の目安(無資格の場合)

  • 14万円以上→高い
  • 11万円〜13万円→普通
  • 8万円〜9万円→安い

無資格の場合、一般的な料金は12~13万円といったところです。
実務者研修の受講前に、初任者研修やヘルパー2級を持っていると、料金は50〜70%程度になります。

その他、スクールが企画するキャンペーンによって、値段が大幅に安くなることがあります。
これは、スクール側が講座を開催するためには一定の定員を埋める必要があるためです。逆に言えば、講座の定員に達しない場合は、講座が中止されることもあるので注意が必要です。

キャンペーン価格については、資料請求で送られてくる資料にキャンペーン料金適用の申請書が入っている場合があります。少しでも安く資格を取得したい場合はスクールに資料を請求してください。

実務者研修の料金を比較する
↓↓↓
介護の資格取得にかかる費用を一覧で見ることができるケア比較ナビのリンクです

介護福祉士の価値は高い

介護福祉士の画像
介護の仕事に関わる資格はたくさんあります。
その中でも、いま、介護事業所で特に必要とされているのは介護福祉士です。

この資格には、介護サービスの提供に携わる実務経験と、資格試験が必要になります。介護の仕事をする人が目指す国家資格の1つで、介護職員だけでなく、デイサービス等の生活相談員になることもできます。そして、更に実務経験を積むことで、ケアマネジャーへの足がかりとなります。

また、資格を取得することで、就職や転職でかなり優位になることは確実です。
それは、手当や給与がプラス1万円以上になるなど、確実にお金となって現れてきます。

介護福祉士の需要が高い理由

介護福祉士の需要が一気に高まった理由は、介護事業者が取得する加算です。
いま、介護保険制度の改定などの結果、介護福祉士の配置を要件とした加算が増えてきています。

目的は、介護現場でのサービスを専門職として質の高いものにすることです。
多くの介護福祉士を配置している介護事業者は、質の高いサービスを提供できる事業者として、サービス提供体制加算などが算定できるだけでなく、今年からは処遇改善加算の要件となることも決まっています。

介護福祉士の取得は、介護士として実務経験3年と、実務者研修の修了、筆記試験の合格が必要になるので取得には時間がかかります。
しかし、介護業界で仕事をするうえでキャリアアップのためには必須となる資格なので、取得できるようにしましょう。

介護福祉士のスクール講座

実務者研修を修了していれば、介護福祉士の取得に必要な講座はありません。
ですので、スクールで開催されている講座は、筆記試験の対策講座になります。

基本的には、自分で勉強して取得できるレベルなので、職場の人などから情報を聞きながら対策を進めるのが賢い方法だと思います。
もし、時間が無くて、効率よく勉強したいという場合は、対策講座を受けることを考えてもいいのかもしれません。

介護福祉士講座の料金比較
↓↓↓
介護福祉士の講座比較一覧のリンク

資格の取得がキャリアを変える

資格の取得がキャリアを変える

わたしは、職員としてだけでなく運営側としても10年ほど介護事業に関わってきましたが、介護の仕事はいつでも誰でもできるものであると考えています。
それは、介護の仕事が、何歳でもゼロからでもキャリアを積み上げることができ、資格を取得していけばケアマネジャーとして最終的に独立することまでもできるからです。

介護業界でキャリアアップを目指すべき人

特に、次のような方には、是非介護業界でキャリアアップを目指してほしいと考えています。

  • どんな仕事をしてもうまく行かず、自分の人生どん底で、介護の仕事ぐらいしか残っていないという状況に行き詰まりを感じている人
  • 結婚して退職したあとに再就職をしたい女性
  • 時間を決めて働く必要があるシングルマザーなど

介護業界における資格の重要性

介護業界で働く人にとって、資格は本当に重要なものです。
確かに介護の仕事は給料水準が低いのですが、ここで紹介した介護福祉士を取得できれば中小企業のサラリーマン程度の年収にすることができます。

関連記事

介護業界において、資格はキャリアパスとなるので、会社としても積極的に支援しているところが多くあります。

資格の特徴

そんな資格であるにもかかわらず、簡単に取れるものが多く、給与にも反映されやすいという特徴があります。
例え、介護福祉士のように、筆記が難しいと感じる試験も、範囲の一部は実務経験の中で自然と覚えていることが生きてきます。

一度、試験の教科書を見てみると良いかもしれません。

会社の援助金

あなたの会社は資格取得に対して援助金等の制度はありますか?
このように、介護業界では介護福祉士をはじめとした資格の重要性が高まっています。

それに合わせて、資格保持者の安定的な採用も難しくなってきているので、無資格未経験の人でも資格を取得できるように、社内規定によって資格取得費用を援助する会社も増えています。
そのような会社の制度をうまく使えば、経済的に難しいと感じる資格取得にかかる実務者研修の受講費用13万円もなんとかなるかもしれません。

是非、そのような制度は活用しましょう。

これからの介護業界では、資格の価値は介護保険制度の流れと、需要によって、年々高くなっているのは間違いありません。
実務経験などが、資格を取得できる条件に達したら積極的に資格取得を目指すことを強くおすすめします。

最新情報をチェックしよう!
>適正運営のアドバイスします

適正運営のアドバイスします

デイサービスを運営している皆さま、実地指導対策はできていますか?
適正な運営ができていなければ、せっかく積み上げてきた施設の実績が失われるだけでなく、営業停止になってしまう恐れも。

職員さんは勿論、利用者さんの行き場を無くさないようにするためにも、困ったことがあればご相談ください。

CTR IMG