介護のみらい

介護のみらいの公式LINE友だち募集中

介護のみらいは、介護事業に携わる職員さんの「あれ?どうだったっけ?」に答えるサイトです。

普段の業務で使っていることだけど、人に聞かれたら答えられないことってありますよね。
利用者さんや家族さんに説明するときに、わからなくなってしまうこともあります。

管理者さんになれば、やはり自分が一番知っていなければならないので、ちょっとわからないことを気軽に聞くことも難しくなるかもしれません。

そんなときに、こっそりとこのサイトを覗きに来てください。

このサイトにある記事の多くは、わたしが施設の職員だった頃にわからなかったことを元にしたノートのようなものです。

介護のみらいのファビコン介護請求の計算について

このサイトで一番アクセスが多い記事は、介護請求の計算方法の記事です。

介護報酬の計算、利用者負担額の計算は、普段介護ソフトなどでできますが、利用者さんに1ヶ月の利用料金を見せたいと思った時などは自分で計算しなければなりません。そんなときに役立つシミュレーションシートを用意しています。

計算方法は、端数を切り捨てるのか四捨五入するのかを確認しておくことが大切です。

介護請求の計算方法

たまに必要になる介護報酬や自己負担分の計算。迷ったことはありませんか?ほとんどはソフトがやってくれますが、誰かに説明するときや試算資料を作るときに計算方法がわからなくなってしまうことってよくあることです。迷ってしまう[…]

介護のみらいのファビコン地域区分の等級地と単価について

介護保険事業には地域区分の単価が等級地に応じて加算されます。市町村ごとに級地が異なるうえに、サービス種類でも加算単価が異なります。

自分の施設がある市町村であれば覚えることができますが、新しい地域の利用者さんを迎え入れる時には予め調べておかなければなりません。

等級地と単価は、介護報酬や利用者負担額の計算に大きく関わってきますので、ノートとしてまとめています。

地域加算について

デイサービスの地域区分と単価一覧介護保険の地域区分は介護報酬や利用料金の計算をするときに毎回必要になり、デイサービスを提供する市区町村ごとに確認が必要です。介護ソフトなどで等級地の登録が間違えてしまうと全体的に請求ミスとなるので[…]

日本の地域区分等級

介護報酬の改定について

介護保険事業を行うなら、介護保険の改定が事業そのものに大きな影響を及ぼすことを理解しておかなければなりません。直近では、2019年10月の消費税改定に合わせて介護報酬の単位も変更されています。

実は、介護報酬の改定に関する情報は、自分で調べなければわからないことが多々あります。

もちろん、仕事上の関わりが多い人であれば周りから情報を得られることもあるでしょう。しかし、疎い人も多いので情報が回ってこないことも多々あります。

単独施設でも、チェーン展開の施設でも、これらの情報に鈍感であればあるほど大きな戦略ミスに繋がってしまうので気を付けなければなりません。

介護報酬改定2019年10月

2019年10月から消費税が10%に変更されることに伴い、介護報酬も10月に改定されることになっています。 ここでは、介護予防・日常生活支援総合事業における通所型サービスの介護報酬改定について紹介します。 通所型サービスの改定単位数について 介護予防・日常生活支援総合事業における通所型サービスには、『みなし』と『独自』が存在します。 また、回数制と月まとめ制など、保険者によりルールが異なりますので […]

介護報酬改定2019年10月

2019年10月から消費税が10%に変更されることに伴い、介護報酬も10月に改定されることになっています。 ここでは、地域密着型デイサービスの介護報酬改定について紹介します。 地域密着型デイサービスの改定単位数について 通所介護は、規模によって単位数が異なりますので、各規模ごとの単位数を一覧にします。 わかりやすいように、提供時間単位ごとに、単位数を改定前(旧)と改定後(新)として一覧比較していき […]

介護報酬改定2019年10月

2019年10月から消費税が10%に変更されることに伴い、介護報酬も10月に改定されることになっています。 ここでは、通常規模デイサービスの介護報酬改定について紹介します。 通所介護の改定単位数について 通所介護は、規模によって単位数が異なりますので、各規模ごとの単位数を一覧にします。 わかりやすいように、提供時間単位ごとに、単位数を改定前(旧)と改定後(新)として一覧比較していきます。 この改定 […]

介護報酬改定2019年10月

2019年10月から消費税が10%に変更されることに伴い、介護報酬も10月に改定されることになっています。 ここでは、大規模Ⅰデイサービスの介護報酬改定について紹介します。 大規模Ⅰデイサービスの改定単位数について 通所介護は、規模によって単位数が異なりますので、各規模ごとの単位数を一覧にします。 わかりやすいように、提供時間単位ごとに、単位数を改定前(旧)と改定後(新)として一覧比較していきます […]

介護報酬改定2019年10月

2019年10月から消費税が10%に変更されることに伴い、介護報酬も10月に改定されることになっています。 ここでは、大規模Ⅱデイサービスの介護報酬改定について紹介します。 大規模Ⅱデイサービスの改定単位数について 通所介護は、規模によって単位数が異なりますので、各規模ごとの単位数を一覧にします。 わかりやすいように、提供時間単位ごとに、単位数を改定前(旧)と改定後(新)として一覧比較していきます […]

介護のみらいのファビコン介護の最低賃金について

介護を仕事にするなら、給料が気になりますよね。元々、介護は賃金が安いと言われ続けている業界です。しかし、日本には最低賃金というものがあり、雇用側は都道府県ごとに決められた賃金を最低ライン以上にする義務があります。

最低賃金は毎年上昇しており、東京などでは初めて1,000円を超えました。

最低賃金が上がると、自動的に給料の見直しが必要なので雇用側も従業員側もしっかりと確認する必要があります。

2019年10月に新たに最低賃金が改定されましたので、当サイトでも一覧にまとめています。

わたしは、介護は心が豊かな人がする方が良いと思っています。心を豊かにするには、自分にゆとりがあることが大切です。ゆとりを生むものはやはり賃金です。

しっかりと待遇を上げることで、良い介護ができることは間違いありません。

最低賃金

最低賃金が今年もまた上がりました。働く人にとってはありがたいけど、会社の経営にとっては辛い毎年の上昇改定。今年は、東京と神奈川で遂に最低賃金が1,000円を超えました。地域別最低賃金の新旧比較令和元年10月となり、各都道府県[…]

最低賃金2019年10月

介護のみらいのファビコン介護の給料について

介護従事者の給料は、安いと言われています。国税庁の調査をもとに介護士の本当の給与ラインはどれぐらいなのかを考えてみました。

もちろん、事業体によって同じ介護でも給与ラインが違うでしょう。

しかし、国の統計では介護は医療・介護に分類されていますので実態とは大きく差があります。
当然のことで、医療には医師や看護師など、介護職員と比べると給料が高い職業が含まれているためです。

介護施設に勤務する一般的な職員の給料ラインについて考察をしています。

介護の給料

介護業界の平均的な年収を見るためには、医療・福祉分野の平均年収399万円がポイントになります。これは、最新の国税庁の年収統計で全体の平均年収432万円に比べるとやや低くなります。しかし、実は介護の仕事をする人の多くがこれよりも少ない年収で働[…]

介護のみらいのファビコン介護職員処遇改善加算について

介護職員の待遇を改善するために、介護職員処遇改善加算というものがあります。この加算を取得することによって介護職員の給料を上げるための原資を作ることができますが、そのためには申請書類など事務的な作業も多く発生します。

介護保険事業の申請に関する書類は、全国共通の加算であっても各都道府県や保険者がローカルルールを設定してしまっているので統一されていないのが現状です。

最近になって、全国統一するような流れになってきていますが、まだ少し時間がかかるでしょう。

当サイトでは、処遇改善加算の実績作成方法をマニュアルにしました。

行政が用意した資料やテンプレでは理解が難しく、作成にかなりの時間がかかってしまいます。

当サイトを見て、何が必要なのかを知ってもらえるだけでも大きなヒントになるでしょう。

介護職員処遇改善加算

冒頭は、介護職員処遇改善加算について記載しています。実績作成だけを知りたい方は実績作成前に覚悟しておくこと以降をご覧ください。介護職員処遇改善加算計画書の記入例を知りたい場合は次の記事をご覧ください。→介護職員処遇改善加算計画書[…]

介護のみらいのファビコン介護のみらいメンバー

介護のみらいは、わたしが培ってきた経験を元にまとめたノートを有意義な形で使ってもらえるようにしていくことを考えて作っています。

施設運営、実地指導対策、研修マニュアル、経営データ集計などをできるだけ共有していきたいと思います。

もちろん、役に立つものなので、価値のあるものは有料とします。

本には書いていないことも多く含まれていたり、意外と使える集計ツールなども含まれているので、サービス開始時には是非応援お願いいたします。

 

LINE友だちも募集中です!
読み取りorクリック
↓↓↓